Mark Micro Tournament 9Holes Championship

MMT9 #7 アマチュア予選会競技要綱

第7 マーク・マイクロ・トーナメント 9Holes Championship アマチュア予選会 競技要綱

1.主催
MMT9運営事務局 代表 マーク金井

2.後援
アナライズ、日本ハーフコース振興協会

3.開催期日
2017年6月20日(火)
14時30分スタート

4.会場
赤羽ゴルフ倶楽部(インコース)
東京都北区浮間2丁目18番7号
TEL:03-3966-6155

5.参加資格
5.1.ハンディキャップ18以上の実力を持つ男女アマチュアゴルファー
5.2.報道・TV・インターネット・写真撮影と肖像使用を許諾していること。

6.最大参加人数
40名(予定)

7.競技方法
9ホール・ストロークプレー(使用ティー 男性:白2,765y・女性:赤2,583y)

8.参加費
4,000円(税込)
*プレー代別途(各自赤羽GCフロントで精算)

9.ゴルフ規則
9.1.日本ゴルフ協会ゴルフ規則と競技のローカルルール(下記参照)を適用する。
9.2.ローカルルールは、当日、受付に掲示される。

10.予選通過
10.1.成績上位者10名(予定)が2017年7月11日(火)の本大会の出場権を得るものとする。(参加者が30名以上の場合)
10.2.タイスコアが生じた場合、9番ホールからのカウントバック方式により上位を決定し、それでも決まらない場合はくじ引きとする。
10.3.最終成績、予選通過者はMMT9公式サイト及びFacebookの専用ページにて発表される。
10.4.なお、予選通過者が本選に参加できない場合などで欠員が発生した場合は、順位に応じて本選の出場権は委譲されるものとする。対象になる選手には事務局より個別に連絡をし、参加の要請、確認をすることとする。

11.使用用具について
11.1.使用クラブは7本以内とする。また7本内の使用するクラブは競技者の任意とする。(規則4-4.a. を最高7本までと変更して運用する)
11.2.使用球の規格:『公認球リストの条件・ゴルフ規則付Ⅰ(c)1b』を適用する。(ゴルフ規則175 ページ参照)
11.3.使用クラブの規格:競技者が持ち運ぶドライバーはR&A発行の最新の適合ドライバーヘッドリストに載っているクラブヘッドを持つものでなければならない。
例外:1999年より前に製造されたクラブヘッドを持つドライバーはこの条件から免除される。「最新の適合ドライバーヘッドリスト」とは競技の条件で別途 規定されていない限り、競技が開催される前週の火曜日にR&Aのホームページ上に掲載されているリストとする。この条件の違反の罰は『ゴルフ規則 付I(c)1a』を適用する。(ゴルフ規則174 ページ参照)
11.4.溝とパンチマークの規格:2010 年1 月1 日施行の『溝とパンチマークの規格に適合するクラブの使用を求める競技の条件』(裁定4-1/1)を適用しない。

12.競技条件について
12.1.キャディは使用しない。キャディバッグは各自が担ぐものとし、目土も各自でするものとする。(当日、目土袋を持参していない場合は、スタートホール付近にて、コースが用意した目土袋を使用できるものとする)
12.2.距離計測器の使用はレーザー方式、GPS方式とも自由とする。ただし、距離のみを計測する機能を利用するに限る。

13.当日の練習
13.1.指定練習場にて練習可能とする。参加選手専用の打席で1人2箱48球までとする。(クラブハウスから指定練習場までは徒歩で片道約15分、自動車での移動も可能)

14.エントリー方法
MMT9公式サイト< http://mmt-9.com/ >の専用フォームから行うこと。

▼ローカルルール

1.スタートホールでは、組合せ表の左側に記載されている選手から順に打ってください。

2.悪天候などで9ホールをプレーできなかった組が発生した場合、最終組がホールアウトできたホールまでの成績で順位を決めるものとします。

3.コース内にある白と黄色の2色の杭はOB杭とします。それ以外の、1打罰用の縞模様の杭は全て動かせない障害物とし、1打罰などの処置はせずに、ボールはあるがままの状態でプレーをしてください。

4.ラテラルウォーターハザードの一部で、植物が高く覆い茂っているために、ボールが入ったかを判断しづらい場所があります。そこにボールが入ったと思われる場合は、マーカーや同伴競技者と確認の上、合理的な証明ができたと判断をしてラテラルウォーターハザードの処置をできるものとします。

5.コース内No.11及びNo.18の防球ネットを動かせない障害物として処置する際は、防球ネットの左右にある黄線で囲まれたドロップエリアのうち、ボールから近い方に無罰でドロップしなければならないものとします。

6.12番ティーインググランドの左にある屋根付きの防球ネットに球が当たった場合は、罰なしに打ち直しをすることができるものとする。

▼参加選手の皆さんへ
・参加選手は、開催コースのドレスコードを遵守し、プレー後も同様に協力をお願いします。
・スタート時間の45分前にはMMT9受付を済ませてください。
・スタートホールでスタート前にスコアカードをお渡しします。
・スコアカードは、集合時に競技委員が渡す指定のカードに、指定されたマーカーが各ホールごとにカードに記名された競技者のスコアを記入し、ホールアウト後にアテストして競技者に渡すこと。競技上、スコアやその他疑義があるときは、スコアカード投入前に競技者本人が競技委員に申し出ること。
・スコア提出後は自由解散になります。
・貴重品ボックスは利用できませんので、貴重品はフロントに預けるようにお願いします。
・レストランの利用は可能です。
・プレー代は赤羽GCフロントで各自ご精算となります。
MMT9受付は12時30分オープン(予定)です。

▼当日午前に練習ラウンドを希望される場合
・ゴルフ規則7-1.b.(当日の競技が行われるコース内での練習を禁じる)は、当競技では無効とします。
・予約方法などは別途ご案内致します。
・練習ラウンドのスタート時間は、当競技の集合時間との兼ね合いもあり、余裕を持って設定します。ご了承ください。
・練習ラウンドのプレー代は追加ハーフ扱いになります。プレー代と同様赤羽GCフロントで各自ご精算ください。

▼お問合せ先
MMT9運営事務局
info@mmt-9.com